第2回ジュニエコサミットinあいづ

 

第2回ジュニエコサミットinあいづ 「やってみよう!やってみて!」には、100名を超す多くの方にご参加いただきありがとうございました。
今年、2回目の開催でしたが、ジュニエコを通じて、地域の大人達が地域の子供たちに何ができるのか?そして、私たち、子供たち、保護者、地域の何が変わったのかを共有することができました。
これをきっかけに、商売体験を通した自分力発揮するプログラム「ジュニアエコノミーカレッジ」が地域に根ざして今後発展していけるだろうと確信いたしました。
来年度も2012年2月に開催を予定しております。またの多くの方のご参加をお待ちしております。

 

講演内容
第1部
14:20〜

「ジュニエコが持つ2つの回路」(仮)
会津若松商工会議所青年部ジュニアエコノミーカレッジ担当副会長 吉川哲也
第2部
14:50〜

パネルディスカッション「やってみよう!やってみて!」
コーディネーター:
  • 京都教育大学 教授 高乗秀明氏(予定)
パネラー:
  • 第1回開催地 静岡県掛川青年会議所 創造の泉委員会 委員長 小林 永典氏
  • 第2回開催地 岐阜県恵那商工会議所青年部 経営管理室 委員長 市川直樹氏
  • 第3回開催地 愛知県岡崎商工会議所青年部(予定)
  • 第10回開催 福島県会津若松商工会議所青年部 ジュニアエコノミーカレッジ委員会 委員長 松下 敦
第3部
16:00〜

ワークショップ(分科会)
  1. ジュニエコのGOALは、地元で起業・就職?それとも都市部での就職?
    できれば、地元で活躍して欲しいと思っているが、子供たちの進路は子ども達が決めるもの。私たちは、子供たちの仕事についてどうなって欲しいと思っているのか?
    ジュニエコへの思いをここで!
  2. 販売実践の日の私たちは、子供たちの商品を買うべき?買わないべき?
    子ども達が商品を販売する販売実践!子供たちにとっては、私たちもお客様!でも、積極的に買ってあげる人も入れば、まったく買わない人もいる。私は、どう思う!厳しく接する?やさしく買ってあげる?皆さんの思いをここで!
  3. 銀行は、厳しく審査する場?あるいは、子供たちを認める場?
    お金の借りるには、本当は厳しい審査がある。でも、子供たちの事業を審査するのは、本当に適当なのか?貸さない、やり直しも本当にありなのか?各地で様々な銀行があるけど、ここで本音のトークバトル!
  4. ジュニエコの内容は、本当に子供たちに伝わっているのか?
    どのプログラムでも伝わっているか知りたいけど、触れることはタブーな「本当に伝わっているのか?」子供たちは、「ジュニエコ楽しかった!」、「稼ぐのは大変!」など高評価!保護者からも「是非続けて欲しい」、「子ども達が成長した姿が見れたと」、ここでも高評価!でも、甘えずにここは、主催者の本音を爆発!

サイトマッププライバシーポリシーお問い合わせ・資料請求

トップページ新着情報JECとはカリキュラム実 績組 織参加者の方へ保護者の方へ